論文

学会論文

 現在の勤務校に勤務するようになってから、こちらが中心となってきました。

 

修士論文

 山形大学大学院に現職教員の研修として学ばせていただいた時にまとめたものです。「授業のオープンエンド化」は、その後の私の実践の中心となりました。

 

やまがた教育実践研究会

 私の実践の核となった勉強会です。

 

教育賞

 雑誌に原稿を書くようになる前に、ほんの偶然にまとめたものが受賞することになり、その後、1年に1つはまとめるようになりました。山形での教員生活の記録・財産となっています。